債務整理の特徴

債務整理は種類によっていろいろな特徴があります。例えば任意整理を行った場合には、自分の財産は一切手放す必要はありませんし、利息分の支払いも行わないで済みます。裁判所の手続きも不要ですし、官報に記載されることもありません。これだけ見ても、任意整理は他の債務整理と比べて、メリットが多いことがわかるでしょう。しかし、デメリットも存在しているのです。

ブラックリスト任意整理のデメリットは、ブラックリストに記載されてしまうので、今後業者からお金を借りるのが難しくなることや、債権者の同意が必要になるなどがあります。しかし、これ以外にデメリットは存在しないので、早めに弁護士へ相談を行い、任意整理で借金問題が解決できるようにしておくべきでしょう。他の方法を選択すると、デメリットが多くなってしまうからです。

債務整理を行ったことは、できる限り家族や会社にも知られたくないと思うのが一般的です。任意整理であれば家族にも内緒にしておくことが可能ですが、他の方法では家族に知られてしまいます。ただし、会社には知られないで済む場合が殆どなので、心配な人は会社に知られたくないと弁護士に告げておきましょう。弁護士へ相談する場合にも、この方法はこういったメリットがあり、このようなデメリットがあるなどの説明を受けてから依頼するようになります。