借金の返済

債務整理債務整理を行う目的は、借金の返済がスムーズにできるようにすることです。自分たちだけでは対策を練ることが難しいので、通常は弁護士に相談します。債務整理にもいくつか種類があるのですが、借金の金額がそれほど多くない場合や、ある程度返済できる見込みがあるけれど、確実に返済するのが難しいと言った場合などは、任意整理という方法を選択することができます。任意整理は利息の支払いをする必要がなくなるので、メリットがとても多くなっているのです。

逆にデメリットは少ないので、最もよい債務整理の方法だと言えるでしょう。しかし、借金の額が大きくなってしまった場合や、返済できる見込みが薄い場合には、任意整理では返済することが難しくなるので、個人再生や民事再生といった方法を選択するようになります。個人再生は個人が利用することが多く、民事再生は法人が利用するケースが多いと言えるでしょう。基本的には同じ方法なのですが、手続きの方法などが異なっています。

他にも払いすぎている利息を取り戻す過払い金請求や、債権者と示談交渉をする特定調停なども弁護士であれば行うことが可能です。中にはどのような方法を用いても、借金の返済がまず不可能になるケースもあるでしょう。このような場合には、最終手段として自己破産を選択するようになります。このように債務整理にもいろいろな方法があるので、最適な方法を弁護士と相談するようになるでしょう。当サイトでは債務整理についての内容や、弁護士へ相談するときの注意事項などを紹介しています。